KUSHIPRO STORY

KUSHIZZIPROJECT ってそもそも何?

という疑問に早々に答えます。

このプロジェクトは発案した櫛橋茉由が勝手に自分で作り出したものです。笑

​2020年に事業化を目指しています。

そもそも櫛橋茉由って誰?

という質問にも答えます。

現在北イタリアの観光地ヴェネチアとトリエステの間にある小さな町に住む海外留学生です。

イタリアに渡ったのは2016年の4月から。

​それからイタリア語を学びながら、日本とイタリアを行ったり来たりしています。

私のイタリア留学は普通とは違うとある理由があったので、少し面白め。

たまたま入学した中学校にフェンシング部という珍しい部活があり、

剣が好きで剣道をしたかった私は、フェンシングでも一緒かなと思い入部。

高校時代にU17、U20の日本代表に選出され、W杯へ。海外遠征の日々。

おかげで学校の成績はもともと低いものが急降下。ギリギリ進級したりしていました。

その後、引き続き大学でもU20代表。その後は成績振るわず!笑

大学卒業後、大阪の実業団に就職。

仕事をしながら、セミプロフェッショナルとして、フェンシングを仕事に。

在籍時代、2014年にちょっとありえないストーリーで国体優勝。詳細はブログに。

4年間働き、資金を貯めました。全てはずっと思い描いていた、とにかく海外に行きたい。

海外のフェンシングを学んでみたい。という思いがあり、イタリアへ。

​え、そんなすぐ行けちゃうもんなの?

な訳ございません。そもそも知り合いなんて海外にいるわけがありません、とにかくコーチを探しました。

するとたまたま見つけたユーチューブに一人のイケメンコーチが。ん?この人私と合いそうだな。と思い。

調べた。調べまくったら、クラブと連絡先が見つかった。

アポを取り、会社の長期休暇を利用して、イタリアに。レッスンをした瞬間。ああ、この人に決めた。

と言うわけで直談判。 来年、仕事を辞めて、ここに来てもいいですか?

快諾いただき、2016年の春。イタリアへ。

イタリア語話せない、友達いない。​ 無謀極まりない日本人。一人で、その小さな田舎町に飛び込んだ。

その年の4月から2ヶ月、ホテルで過ごしながら、家を探していた。8月から正式な語学留学を行うには、滞在先が必要で、大家さんにビザに必要な書類を書いてもらわなくては行けない。

イタリア語話せない。コミュニケーションが取れない。

一人暮らししたことないのに、いきなりホテルで一人暮らし。

日本帰国が間近に迫った6月。

たまたま行った郵便局の人が、日本人の方を紹介してくれて、その方がたまたま空き家を持っていた。

住む? はい!お願いします!!

​そうして、正式に留学することになったわけだ。

​2016年8月から本格的に留学開始。

語学学校に行ってイタリア語を勉強しながらのフェンシング生活。

クラブで揉まれ、育てられ、1年間イタリアの試合のみに出場。

2017年4月より日本の試合に出ることにした。

試合の結果が認められ、その年の10月よりW杯に出場できるようになった。そして現在。2017−2018のW杯シーズンが終わりに差し掛かっている。

来シーズンは日本の試合の結果次第。食らいついていく所存です。